Save Burma

ျပည္သူေတြဆီမွာ လြတ္လပ္မႈနဲ႔ တန္းတူညီမွ်မႈ အရင္ဆံုး ရွိေနမွ ဒီမိုိကေရစီ စံႏႈန္းရွိတာ ျဖစ္ပါတယ္။

Letter to PM Taro Aso Urging Japan to Speak Out for Human Rights

leave a comment »

http://www.hrw.org/

Letter to PM Taro Aso Urging Japan to Speak Out for Human Rights

April 9, 2009

April 9, 2009

Prime Minister Taro Aso

1-6-1 Nagata-cho

Chiyoda-ku

Tokyo

Japan 100-8968

Re: Making Human Rights a Priority in Japanese Foreign Policy

Dear Prime Minister Aso,

As Human Rights Watch opens its new Tokyo office today, we write to encourage your government to make the promotion of human rights a higher priority in Japanese foreign policy.

In 2006, as Foreign Minister, you made an important and welcome announcement that human rights, along with other values such as democracy and the rule of law, would be one of the four pillars of Japanese foreign policy. However, since that time all three administrations have yet to take steps to meaningfully translate this important vision into practice.

To date, the Japanese government has rarely demonstrated the international leadership of which it is capable by speaking strongly on behalf of victims of human rights abuses, instead favoring quiet diplomacy. One exception is North Korea, where Japan has led international efforts to condemn its appalling human rights record.

Human Rights Watch welcomes your efforts to take the lead in criticizing North Korea’s dismal human rights record and press for improvements. Unfortunately, the focus has largely been on the rights of abducted Japanese citizens, rather than a more broad-based human rights agenda for all people in North Korea.

Elsewhere, Japan’s approach to human rights has largely been to engage in quiet diplomacy and avoid public criticism of abusive governments. We believe this is an ineffective approach. It is important for Japan to have both strong diplomacy and, when necessary, to speak forthrightly in public.

As a major Asian power and the biggest aid donor to many Asian countries and elsewhere, Japan is in a unique position to influence its aid recipients to comply with international human rights and humanitarian law. However, this significant potential has rarely been used meaningfully to make a difference for victims, such as in the current conflict in Sri Lanka.

Now is the time for a new approach. Japan should announce that advancing human rights is a principal goal of Japanese foreign policy. Your government should start discussing reforms to lead to stronger and more effective policies and practices to promote and protect human rights globally, including linking aid with human rights benchmarks and imposing sanctions when the human rights situation merits such a response. By combining private and public diplomacy in a more strategic way, the Japanese government can strengthen its position internationally and end the practice of abusive regimes taking large sums of generous Japanese development aid while ignoring promises on human rights, good governance and the rule of law.

An important starting point for a reinvigorated Japanese human rights policy would be towards Burma. Since the military took power in Burma in 1962, Burma has relied heavily on Japanese foreign aid. Japan’s aid constituted more than 90 percent of OECD-DAC members’ aid to Burma in the mid-1990s. At the same time, trade between the two countries expanded. Though the economic situation and the horrible reputation of the Burmese military government have led to a decrease in Japanese foreign aid and investment, Japan has remained a major donor to Burma to the present.

After the sham 2008 referendum completed the fourth step of the military government’s Seven Step Road Map to Democracy, and with multiparty elections announced for 2010, Japan’s strong leadership in support of the voiceless in Burma is needed now more than ever. We urge your government to join other countries to press the Burmese government to:

  • Immediately and unconditionally release an estimated 2,100 political prisoners, including Nobel Peace Prize winner Aung San Suu Kyi, and permit them free and unfettered participation in political activities.
  • Cease restrictions on the rights to freedom of expression, assembly, and association.
  • Begin a genuine inclusive and participatory dialogue on political reforms with the Burmese opposition and representatives of ethnic groups.
  • Cease military attacks against ethnic minority populations, and hold accountable all members of the security forces responsible for war crimes and crimes against humanity.

We urge your government to join other nations in imposing sanctions on the Burmese government until these and other conditions are met. Such sanctions should include:

  • A mandatory and fully enforced arms embargo on all weapons and ammunition sales and transfers to Burma.
  • Targeted financial sanctions on select Burmese individuals and companies, including financial sanctions targeted at leading officials, both military and civilian, who bear responsibility for abuses, as well as others who may assist in, or be complicit in, military rule in Burma and benefit directly from continued military rule.
  • Targeted sanctions on imports, exports, and new investment in sectors of Burma’s economy that substantially benefit the military and/or are associated with serious human rights abuses. These include the petroleum (oil and gas), mining (gems, metals, minerals), and logging (logs and timber) sectors, as well as hydropower and other major infrastructure projects.

Human Rights Watch also urges your government to play a more proactive role as one of Asia’s leading democracies by reaching out to its Asian neighbors, particularly China, India, and the members of the Association of Southeast Asian Nations (ASEAN) to put more coordinated multilateral pressure on the Burmese government.

Thank you for your consideration. We look forward to a long and constructive relationship with the Japanese government as we address current and future human rights challenges.

Yours sincerely,

Kenneth Roth

Executive Director

……………………………………

Also available in:日本語
.

麻生太郎総理大臣あてのヒューマン・ライツ・ウォッチの書簡:人権保護を日本外交の柱に

April 9, 2009

内閣総理大臣 麻生太郎 殿

人権保護を日本外交の柱に

内閣総理大臣 麻生太郎殿

ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日4月9日、東京事務所を開設いたします。そのご案内をさせていただくと共に、貴国政府に対し、人権保護を日本外交の主要な柱に据えるよう要請すべく、この書簡を差し上げております。

貴殿は外務大臣在任中の2006年、今後の日本外交については、人権を、民主主義や法の支配とともに、日本外交の四本柱のひとつとすると発表されま した。この発表は、重要かつ歓迎すべきものでした。しかしそれから現在に至るまで、歴代三政権は、この重要なビジョンを、意味のある形で実行に移すための 施策をとっておりません。

日本政府は、人権侵害の犠牲者を代弁して、人権実現のために、時には力強く発言し、国際的なリーダーシップを発揮する、ということをほとんど行わ ず、静かな外交を好んでいます。例外は北朝鮮で、日本は同国の劣悪な人権状況を批判するにあたって、国際社会の取り組みをリードしてきました。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、北朝鮮の劣悪な人権状況を批判し、その改善を求める上で貴国が果たしている役割を歓迎します。しかし残念なのは、 帰国のイニシアチブは、日本人拉致被害者の権利問題におおむね焦点が絞られており、北朝鮮に住むあらゆる人々のために広範な人権状況改善の取り組みについ ては後手に回っていることです。

北朝鮮以外の国については、日本政府は人権問題に対して主として静かな外交で対処しており、抑圧政権への表立った批判を避ける傾向があります。こう したアプローチは、有効ではないと私どもは思料いたします。日本政府が、静かな外交だけでなく声をあげる外交も行うこと、そして、必要に応じて公式の場で 率直に発言する外交を展開することは極めて重要であると存じます。

アジアの大国であり、また多くのアジア諸国などに対する最大の援助提供国である日本は、援助供与の相手国に対して、国際人権基準と国際人道法を順守 するよう、影響力を行使できる格好の立場にあります。しかし、例えばスリランカで起きている紛争での日本の対応に見られるように、この重要な潜在的な力 が、人権侵害の被害者に意味のある形で用いられることは、あまりありませんでした。

今こそ新しいアプローチが必要ではないでしょうか。人権状況の改善することは日本外交の主要な目的である–日本政府はこう明言すべきです。貴政府 は、人権の国際的な尊重と擁護に向けた、より強固で実効性を備えた政策と実務に向けた改革を行うため、議論を始めるべきではないでしょうか。たとえば、援 助を人権状況の改善の度合いと結びつけることや、人権状況の実際の状況に応じて制裁を科すといった手法などが、考えられるでしょう。公けに声をあげる外交 と非公開の場での静かな外交を戦略的に組み合わせることで、日本政府は、国際社会での地位をより高めることができると共に、人権や良い統治、法の支配の改 善を約束しながらこれを無視し、日本政府の寛大な巨額の開発援助を受け取り続けている抑圧政権のふるまいをただすことができるのです。

この新しい方針をとるべき国として、例えば、対ビルマ政策があげられます。1962年以来軍事政権が続く同国は、日本からの対外援助に強く依存して きました。日本からの援助は、1990年代半ばの段階で、OECD開発援助委員会(OECD-DAC)メンバー国による対ビルマ援助のうち9割以上を構成 しており、二国間貿易も拡大していました。経済状況とビルマ軍事政権への厳しい評価により、日本からの対外援助と投資は確かに減少しましたが、日本は今も なおビルマにとって主要な援助供与国です。

2008年には形ばかりの制憲国民投票が行われたことで、軍政のいう「民主化への7段階行程表」の第4段階が完了したことになっています。また軍政 は2010年に複数政党制に基づく総選挙を行うと発表しています。こうした状況下、ビルマ国内の声なき声を支援する上では、日本政府が強いリーダーシップ を発揮する必要性がかつてないほど高まっています。わたしたちは貴国政府に対し、他国と協調し、以下の事項の実現をビルマ政府に求めるよう要請します。

  • ノーベル平和賞受賞者アウンサンスーチー氏など、推計約2,100人の政治囚を即時無条件で解放し、政治活動への自由で無制限な参加を許可すること
  • 表現・集会・結社の自由に関する権利についての制限を解くこと
  • ビルマ反政府勢力および民族集団の代表と、政治改革に関する真の包括的で参加型の対話を開始すること
  • 民族的少数者に対する軍事的な攻撃を停止すること、また戦争犯罪、ならびに人道に対する罪を侵した治安部隊の全員の責任を追及すること

私たちは貴国政府に対し、他国と共に、これらの条件(またその他の条件も)が満たされるまで、ビルマ政府に対する制裁措置を行うことを求めます。こうした制裁措置の例は具体的には以下の通りです。

  • 武器・弾薬に関する義務的な禁輸措置の完全な履行
  • 特定のビルマ国民と企業に対する対象限定型の制裁措置。一例として、人権侵害の責任者である国軍または民間の有力者や、軍政支配に荷担または共謀しているか継続的な軍政支配から直接利益を得ている可能性のある人々への金融制裁がある。
  • 軍政を財政的に潤し、かつ/または深刻な人権侵害行為と関わっているセクターについての輸出入と新規投資に関する対象限定型制裁。例えば、石油業(石油と天然ガス)、鉱業(宝石、金属、鉱物)と林業(丸太、材木)のほか、水力やその他の大規模インフラ整備事業など。

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、貴国政府がアジア地域の主要な民主主義国家として、ビルマ政府への圧力をより協調的で様々な国が加わるものとするために、中国、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など近隣諸国にはたらきかけることも求めます。

以上のことにつきまして、ご検討くださいますよう要請いたします。私どもは、現在進行中の人権侵害、そして将来おきる人権問題を解決するために、貴国政府との間に、息の長い建設的な関係を築いていきたいと考えております。

敬具

ヒューマン・ライツ・ウォッチ

エグゼクティブ・ディレクター

ケネス・ロス

http://www.hrw.org/en/news/2009/04/08

Written by Lwin Aung Soe

April 9, 2009 at 12:55 pm

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: